車買取に関する税金
2016.12.20

subimg05新しい車へ乗り換えようとする時、税金との関係性を理解しなければなりません。個人で所有している車を買い取ってもらう時には売却益が出てきます。売却益は利益となるので、想定外の収入を得ることとなります。車買取はディーラーによって買ってもらうケースや中古買取店で車買取を行ってもらうのが主流になっています。これらの行為は譲渡していきますので、税金が発生するケースになります。納めていくかどうかは車の分類で大きく決まってきますが、種類として業務用や通勤用、さらにはレジャー用といったものがあります。保険の申し込みでも選択していきますが、業務用ならば自営業を営んでいる個人事業主が活用することが多いです。通勤用であればサラリーマンが往復で職場と自宅を移動する際に利用していきますが、レジャー用ならば休日を中心に利用するケースが増えます。その中で業務用とレジャー用ならば財産とならないので、売却で課税対象となってしまいます。そこで確定申告を行う必要があるので、時期が来たら申告を行う必要があります。困った時には税理士に相談しながら、間違えずに進めなければなりません。

売却に関して個人経営をしている時には、経費として工面するか考えたり、節税の方法を気にしなければなりません。事業で使っている時は売却でかかってしまいますので、所得税を考えて処理しなければなりません。個人事業主ならば売却して、事業所得にすることができます。得た所得は譲渡所得になりますが、売却金額より取得した費用や譲渡費用などを引きます。これが利益となりますが、特別控除も踏まえて算出した金額から課税され、確定申告で支払うことになります。

車買取を行う時に確定申告を実施することになりますが、近年インターネットを利用して遠方にいる個人へ売却していくケースも増えてきました。そんな中で取引において中間マージンを生み出さないため、高額売却を実施していることもあります。しかし車業者を介さないことでトラブルや、手続きを自分で全て行うこともあります。デメリットを理解しながら、手続きを進めるだけでなく確定申告を行います。名義変更や車庫証明などを行うだけでも、時間はかかってしまいます。それぞれ不備がないよう手続きを進めていく必要があります。税金の納付は絶対に必要ですが、個人間の取引だと忘れてしまうこともあります。時間や手続きの内容をチェックしながら交渉を行わなければなりません。そして相手が細かい手続きを渋る時は、準備をしていても断る勇気も必要です。

▲ ページトップへ